笑えなかった私が…奇跡です‼ 後編

みなさま、感謝いたしております。 ライターをしております、にちかと申します。

「聞くだけで簡単に人生がもっと楽しくなる

幸せ大富豪さいとうひとり賢者の教え」 を伝えている、

舛岡はなゑ講演会。

癒しのホームページの8月2日のブログ

https://tsuki-4978-tsuki.amebaownd.com/posts/2739255

舛岡はなゑ講演会の感想を

お話ししてくれている動画で

「自分のことが好きになったら

いろいろうまくいきだして……」

と話をしている女性がいました。

〝なおみさん〟と言います。

気になったので取材してみました(^^ゞ

なおみさんの実話・後編です。

みなさん、感謝してます。

ふたたび〝なおみ〟です。

この世の中というのは、 いい人もいる、

でも嫌な人もいて それが「ふつう」と思っていたんです。

でも、そうじゃないところがあるんです。

今、私が勤めている職場には 嫌な人が誰もいません。

私、この職場の人たちのことが大好きなんです。

そして、私は自分のことが好き。

自分のことが、どんどん好きになっていくにつれて、

この職場で働けて、楽しく仕事ができて

ありがたいな、って思うようになりました。

前に勤めていた、お菓子工場はものすごい修行、

というか、私に向いていませんでした。

元々、不器用なんです、私。

一生懸命にやってるのに、 周りの人と同じように早く作業したりできないし、

キレイに作ったりとかができなかった。

だから、言われちゃうんです。

「ふざけてるんじゃない‼」とか、

「もっと一生懸命やれよ‼」とかって。

元々、自分のことが嫌いだったのに

ますます、自分のことが嫌になっていく。

自分に合ってない職場なんだから

早くやめればよかったのに、って

今の私なら、ちゃんと判断できるんですが、

あのときはできなかった。

やっと、見つかった仕事だったんです。

その前は婦人服の販売の仕事をしていました。

販売の仕事は、すごく好きなんですが、

でも、 人間関係がウマくいかなくて辞めて、

その後、パニック障害になったりして。

だから。 「ここを辞めたら、次の仕事は…」とか

「自分はもう若くないし…」とか思って

がんばっていたんですけど、

「あなた、気づきなさい」 「ほら、気づきなさい」って

「自分はそのままで素晴らしい存在だ」

と気づかせてくれるような出来事が度重なって起き。

だから、やめたんです。

その後、いくつかアルバイトとかして、

その後、 今、勤めているところで

仕事をさせていただくことになったんです。

営業補助の仕事です。

実は、最初はウマくいっていませんでした。

仕事がすごくできる人がいて

その人は私のことを

なんだ<`ヘ´>

って思ってて

私はその人のことを

面倒くさい人だな(-“-)

と思ってた。

お互い、意見がぶつかったり、

ケンカしたり、していました。

ある日、結果が出せない日があって

その人に、私、こう言われたんです。

「君って、空気みたいな存在だったんだね」って。

その人としてはイヤミを言ったつもりだったんですが。

「空気ということは、絶対、必要な存在ということですね」

って、言い返したんです、私。

そしたら  ^m^ 

どんだけ前向きなんだ‼

!(^^)!(^^)!ヽ(^o^)丿

(*^▽^*)

笑いがとれたんです。

それがきっかけで、その人と仲良くなりました。

その人は副店長さんなんですけど

本当によくしてくれるようになったんです。

私、派遣なんですね。

派遣さんの中には、

「この人は仕事ができない」 と、社員さんに判断されて

仕事を教えてもらえないまま、 契約解除に

なった人もいるんですが

副店長は私に仕事を一つひとつ 教えてくれたし、

なにかにつけて 「なおみさん」「なおみさん」って

かわいがってくれたんです。

そこの職場のみなさんとも

スタッフさんは、二十代が多いんですけど、仲よくなれて。

「今日は、なおみさんがきてくれたから助かるね」

って、言われるんです。

その副店長はその後、店長になり

他のお店に移ったんですが、

異動した後も 「今度、ウチのなおみさんが、

この店に手伝いにきたらよろしくね」って。

いまだに、私のことを大事にしてくれる。

おかげさまで 今では仕事が楽しくなりましたし、

職場に行くのが毎日楽しいんです。

自分ことが嫌いで

自分に自信がなかった頃の自分とは 雲泥の差です。

あの頃も、一人さんファンの仲間たちには、 仲良くしてもらっていたんですけれど、

「みんなは、あんなに素敵でいいな、でも自分は…」

って思ってしまっていて。

みんなは私のことを仲間として 付き合ってくれていたのに、

いっしょに、いろんな楽しいことをしているのに

自分ひとり、取り残されたような感覚が 私の中にあって。

「あんな人たちの仲間になれたらいいなあ」

って思っていました。

「自分だけ、なんか違う」

って、 勝手に思い込んでいたんですね。

それが、みんなと一緒に はなゑ社長の講演会を聞きに行って

心が軽くなってきた、というんですかね。

みんなと、講演会が終わった後もいろいろ話をしたりして

「ありのままの自分を出しても、受け入れてもらえるんだ」

って、いうのがわかってきて

「そのままの自分でも大丈夫」

って、心から思えるようになったんです。

これは、私にとって

今世、最大の奇跡です。

ありがとうございます。

舛岡はなゑ講演会 各地の開催日程☛https://tsuki-4978-tsuki.amebaownd.com/pages/1035500/page_201705311525 舛岡はなゑ今後の予定☛http://bikaiun.com/72857/%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab/


舛岡はなゑ あなたと癒し

●疲れたこころとカラダをいやす ●不安・コンプレックスの解消 ●ブロック解除 ●真の引き寄せ体質を作る まだ自分自身も知らない「本当の自分」 「自分らしい生き方」を見つけにいきませんか?

「それでは、そろそろ癒しのワーク、はじめますね」

はなゑ先生の声で、

〝場〟の空気が

入れ替わる

瞬間。

 

 

「目を閉じて、自分をだきしめてください」

これから自分のなかで

何が起こるのか

と思うと、

いささか興奮。

「いま、あなたはお母さんの

お腹のなかにいます……」

はなゑ先生が誘導する声にしたがって

私は、すぅーっと、

意識の深いところに

おりていき、

そして・・・

そのとき私が見たのは・・・

若かりし頃の母と父。

2人で、話しあっている場面。

私はまだ、

母のお腹のなかにいました。

2人の話し声が私にも

聞こえてきました。

頬をつたう涙を

私はどうにも

止めることができませんでした。

物心ついてから、

そのときまでずっと、

気にしていたことが、

私のなかにあったのですが。

なんということだ‼

自分が勝手にカン違いをして

思い悩んでいた、

だなんて……。

これは、私が4回目に

はなゑ先生の講演会を

聞きに行ったときに

体験したことでした。