tsuki-4978

記事一覧(18)

笑えなかった私が…奇跡です‼ 後編

みなさま、感謝いたしております。
ライターをしております、にちかと申します。


「聞くだけで簡単に人生がもっと楽しくなる
幸せ大富豪さいとうひとり賢者の教え」
を伝えている、舛岡はなゑ講演会。


癒しのホームページの8月2日のブログ
https://tsuki-4978-tsuki.amebaownd.com/posts/2739255


舛岡はなゑ講演会の感想をお話ししてくれている動画で


「自分のことが好きになったら
いろいろうまくいきだして……」
と話をしている女性がいました。


〝なおみさん〟と言います。


気になったので取材してみました(^^ゞ


なおみさんの実話・後編です。




みなさん、感謝してます。
ふたたび〝なおみ〟です。


この世の中というのは、
いい人もいる、でも嫌な人もいて
それが「ふつう」と思っていたんです。


でも、そうじゃないところがあるんです。
今、私が勤めている職場には
嫌な人が誰もいません。


私、この職場の人たちのことが大好きなんです。
そして、私は自分のことが好き。


自分のことが、どんどん好きになっていくにつれて、
この職場で働けて、楽しく仕事ができて
ありがたいな、って思うようになりました。


前に勤めていた、お菓子工場はものすごい修行、
というか、私に向いていませんでした。


元々、不器用なんです、私。
一生懸命にやってるのに、
周りの人と同じように早く作業したりできないし、
キレイに作ったりとかができなかった。


だから、言われちゃうんです。


「ふざけてるんじゃない‼」とか、
「もっと一生懸命やれよ‼」とかって。


元々、自分のことが嫌いだったのに
ますます、自分のことが嫌になっていく。


自分に合ってない職場なんだから
早くやめればよかったのに、って
今の私なら、ちゃんと判断できるんですが、


あのときはできなかった。


やっと、見つかった仕事だったんです。


その前は婦人服の販売の仕事をしていました。


販売の仕事は、すごく好きなんですが、でも、
人間関係がウマくいかなくて辞めて、
その後、パニック障害になったりして。


だから。


「ここを辞めたら、次の仕事は…」とか


「自分はもう若くないし…」とか思って
がんばっていたんですけど、


「あなた、気づきなさい」 「ほら、気づきなさい」って
「自分はそのままで素晴らしい存在だ」
と気づかせてくれるような出来事が度重なって起き。


だから、やめたんです。


その後、いくつかアルバイトとかして、その後、
今、勤めているところで
仕事をさせていただくことになったんです。


営業補助の仕事です。


実は、最初はウマくいっていませんでした。


仕事がすごくできる人がいて
その人は私のことを
なんだ<`ヘ´>
って思ってて


私はその人のことを
面倒くさい人だな(-“-)
と思ってた。


お互い、意見がぶつかったり、
ケンカしたり、していました。


ある日、結果が出せない日があって
その人に、私、こう言われたんです。


「君って、空気みたいな存在だったんだね」って。


その人としてはイヤミを言ったつもりだったんですが。


「空気ということは、絶対、必要な存在ということですね」
って、言い返したんです、私。


そしたら 
^m^ 


どんだけ前向きなんだ‼
!(^^)!(^^)!ヽ(^o^)丿
(*^▽^*)

笑いがとれたんです。


それがきっかけで、その人と仲良くなりました。
その人は副店長さんなんですけど
本当によくしてくれるようになったんです。


私、派遣なんですね。


派遣さんの中には、
「この人は仕事ができない」
と、社員さんに判断されて
仕事を教えてもらえないまま、
契約解除になった人もいるんですが


副店長は私に仕事を一つひとつ
教えてくれたし、なにかにつけて
「なおみさん」「なおみさん」って
かわいがってくれたんです。


そこの職場のみなさんとも
スタッフさんは、二十代が多いんですけど、仲よくなれて。


「今日は、なおみさんがきてくれたから助かるね」
って、言われるんです。


その副店長はその後、店長になり
他のお店に移ったんですが、異動した後も 「今度、ウチのなおみさんが、
この店に手伝いにきたらよろしくね」って。


いまだに、私のことを大事にしてくれる。


おかげさまで
今では仕事が楽しくなりましたし、
職場に行くのが毎日楽しいんです。


自分ことが嫌いで
自分に自信がなかった頃の自分とは
雲泥の差です。


あの頃も、一人さんファンの仲間たちには、
仲良くしてもらっていたんですけれど、


「みんなは、あんなに素敵でいいな、でも自分は…」
って思ってしまっていて。


みんなは私のことを仲間として
付き合ってくれていたのに、


いっしょに、いろんな楽しいことをしているのに
自分ひとり、取り残されたような感覚が
私の中にあって。


「あんな人たちの仲間になれたらいいなあ」
って思っていました。


「自分だけ、なんか違う」って、
勝手に思い込んでいたんですね。


それが、みんなと一緒に
はなゑ社長の講演会を聞きに行って
心が軽くなってきた、というんですかね。


みんなと、講演会が終わった後もいろいろ話をしたりして
「ありのままの自分を出しても、受け入れてもらえるんだ」
って、いうのがわかってきて


「そのままの自分でも大丈夫」
って、心から思えるようになったんです。


これは、私にとって
今世、最大の奇跡です。
ありがとうございます。
※舛岡はなゑ講演会 各地の開催日程☛https://tsuki-4978-tsuki.amebaownd.com/pages/1035500/page_201705311525
舛岡はなゑ今後の予定☛http://bikaiun.com/72857/%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab/

笑えなかった私が…奇跡です‼

みなさま、感謝いたしております。
ライターをしております、にちかと申します。


「聞くだけで簡単に人生がもっと楽しくなる
幸せ大富豪さいとうひとり賢者の教え」
を伝えている、舛岡はなゑ講演会。


癒しのホームページの
8月2日のブログで
https://tsuki-4978-tsuki.amebaownd.com/posts/2739255


舛岡はなゑ講演会の感想を
お話ししてくれている動画で


「自分のことが好きになったら
いろいろうまくいきだして……」
と話をしている女性がいました。


〝なおみさん〟と言います。


気になったので取材してみました(^^ゞ


なおみさんの実話です。




みなさん、はじめまして感謝してます。
愛知県在住の〝なおみ〟です。


はなゑ社長の講演会を最初に受けたのは、
去年11月の、大阪の講演会でした。


一緒に一人さん流を
楽しく実践している仲間たちと
お世話になっている塾長さんとで
参加させていただきました。


会場に入ったら、
入口の近くでサイン会をやっていたんですね。


はなゑ社長がサインしているのを
私、見たとき、涙が出てきちゃって。


なんだろうって、
自分でも思ったんですけど。


はなゑ社長の講演会を聞いていて


私は、前は自分のことが嫌い
自分にも自信が持てなかったんですけれど、
「その原因は、これかな」って、わかったのと、


すごく楽しかったな、って思ったのを
思い出します。


一回目の講演会の後
急に明るくなる感じ、ではなかったんですけれど。


二回目、三回目と受けていくうちに
自分のなかで何かが変わったんでしょうね。


最近、塾長さんに言われたんです。


「みんなのなかで、なおみちゃんが
いちばん変わったね」って。


何がどう変わったのかというと、たとえば、
塾長さんと出会った頃の私は笑えなかったんです。


ものすごく楽しいと評判のパーティに参加して、
写真をとってもらったんですが、
その写真、私だけ、笑っていなくて。


だから、よく言われていました。


「なおみちゃん、笑顔、忘れないでね」って。


「ほら、笑って」って。


でも私…。


笑おうとしても本当に
笑えなかったんです。


あの頃の私は、仕事が続かなくて
収入も不安定だったし。


もうお金のことが心配で、心配で。


でも、よく考えると
今と同じぐらい収入があったときも
いつも不安だったんですよね、私。


このまま働いていて私は
老後、どうなるんだろう、って。


そんな私が今……。


何とかなる(*^▽^*)
大丈夫だって、思えています。


そして、最近、職場でこんなことがありました。


私、お客さまを怒らせてしまったのです。


「申し訳ありません、すみませんでした」
って、あやまったんですけれど、


「おまえ、すみません、って言いながら
なんで、ニコニコしているんだよ」


わかっているんです、謝るときは、
申し訳なさそうな顔でって、わかっているんですが。


顔が勝手にニコニコしちゃうんです私。


お客さまが帰った後、
店長が「なおみさん、ちょっと」って、
裏のほうへ呼ばれて。


「じゃあ、今から困った顔の練習をしようか」って。


「眉間にシワを寄せて」
「こうですか、店長」


「口角を下げて」
「わかりました」


でも、できなくて

(*´▽`*)


前は、笑おうと思っても、笑えなかったのに。
今は逆に、笑っちゃう。


困った顔ができなくなって
笑っちゃうんです。いつもニコニコしている、自分がいる。
すごくないですか?


ものすごい奇跡なんです、私にとって。


それだけではないんです‼
私にとっての奇跡は…。つづく

中高年からの人生スカッと大逆転・後編

みなさま、感謝いたしております。
ライターをしております、にちかと申します。


「聞くだけで簡単に人生がもっと楽しくなる
幸せ大富豪さいとうひとり賢者の教え」
を伝えている、舛岡はなゑ講演会。


聞いただけで人生が変わるわけない
と思いますよね。


千葉県在住、〇歳代男性の
〝えいじさん〟の話を聞いてください。


講演会で人生が変わった
えいじさんの実話・後編です。





感謝してます。
舛岡はなゑ講演会で
人生が変わった男・えいじです。


実は、私より先に妻が講演会を聞いて
妻の方が先に変わったんです。


あれは去年の秋のことでした。


妻が突然、私にこう言ったんです。


「あなたは今、何食べたいの?」って。


自分は「オレは何でもいいよ」って言ったら、
妻が「それがダメなのよ」って。


以来、妻は私に「あなたは今どうしたいの?」って、
聞くようになってきました。


そして、ある日、自分は、
妻が勧める「舛岡はなゑ講演会」を聞きに行ったんです。


はなゑ社長が、「人ってね、意外と
自分のことをわかっていないんですよ」と
話しているのを聞いていて
まるで他人事のような気がしていましたが


間違いなく、それ、
自分のことでした( ´艸`)


自分のことはわかっている
つもりでいて実は
全然わかっていなかったんです。


どういうことかと言うと。


その頃、自分が働いてた
職場に問題が起きていたんです。


受注は増えていくのに
「仕事ができる人」が全然、足りない、
という問題です。


何とか改善して欲しいと、会社に
何度も申し出たんですが
会社は変わらない。


「だから、オレがみんなの分もがんばる‼」


そう思って、必死でやりました。


自分としては「やりたいからやってる」
と思っていたんです。


でも本当は、そうじゃなかった。


仕事を楽しめなくなっていました。


睡眠時間も食事の時間も可能な限り削って
仕事に充ててきたけれど、
体力はもう限界。


一人さんやはなゑ社長の
ファンの人たちが集まって
飲み会や神社参りを楽しんでいるのを見て


「何で自分は行けないんだろう」
モヤモヤ、モヤモヤしてたんです。


「なんだろう、このモヤモヤは……」


好きなことをしている仲間たちが
うらやましくてしょうがなかったんです。


自分も、好きなことをやって
行きたいところに行きたいな、って。


家族と話がしたいし
仲間と飲み会をしたり、旅がしたい、
自分の時間が欲しい。


そういう思いが自分のなかからわきあがってきて


会社を辞めようかな
そう思ったんですけれど


自分が辞めたら、職場の仲間は
どうなってしまうんだろう、とか、


家族をどうやって養っていこうか、とか


もうちょっと、この職場でがんばろう
自分さえガマンすればいいんだ。


反論する声が自分のなかから聞こえてきて
また、ふりだしに戻ってしまう。


そうこうするうちに
若手で仕事のできる子がいなくなり
仕事ができて、部下への思いやりもあった
店長もいなくなり、


ますます状況は過酷になってきました。


そんな頃、何回目かの講演会に参加したとき
はなゑ社長がこんなことを言ったんです。


「上司ががんばり屋だと部下はつらいんだよ。
がんばり屋は嫌なことでもがんばれちゃうでしょ?
だから、部下も無理してガマンしちゃう」


「いい人は、他人を大切にすることばっかりして
あんまり自分を大切にしないんです。
だから、もっと自分を大切にして
バランスをとらなきゃいけませんよ」


もう自分をいじめるのはやめようと思いました。
会社を辞める決意をしました。


退職は8月中旬なんですが、
会社から有休を消化してくれと言われ、
7月の半ばから休みに入ることになりました。


そしたら、仕事でおつきあいのある方が
「ちょっとウチの仕事、手伝ってくれない?」
と、声をかけてくれたんです。
営業も何もしていませんよ。


自分は、頼まれた仕事をやっていました。
すると、「次、これやって」「あれもやって」
次から次と依頼がくるようになったんです。


この前は、10数年音信不通だった人と
偶然、会って「ウチの仕事もやってよ」って。


8月11日から数日間、
仕事らしい仕事は入っていなかったから、
稼ぎがどうかなあ、って、一瞬、思ったんですが、


8月11日に千葉で
はなゑ社長の講演会があって
自分、お手伝いをさせてもらってたんですけど


そのとき、いっしょに手伝いにきてた橋本さんに
「明日、神社参りに行くけど、一緒に行かない?」って言われて
自分はその場で「行きます」って言ったんです。
そしたら、ワクワクするじゃないですか。 その直後、携帯が鳴って、出たら、
「仕事があるんだけど、やってくれない?」
という電話だったんです。


もちろん、喜んで承りました。


さらに奇跡は続きました。


講演会の後、二次会と三次会に参加して
次の日は、昨日の楽しい余韻をまといつつ
若干の二日酔いも感じつつ
仕事場に行ったんです。


そしたら、「また新しく2件、仕事が入ってきたんだけど
やってくれない?」って言われて。


もうね、次から次となんです。
守られてるような気がしてなりません。


信じられないかもしれませんが
実話です。


感謝しています。

中高年からの人生スカっと大逆転

みなさま、感謝いたしております。
ライターをしております、にちかと申します。


「聞くだけで簡単に人生がもっと楽しくなる
幸せ大富豪さいとうひとり賢者の教え」
を伝えている、舛岡はなゑ講演会。


聞いただけで人生が変わるわけない
と思いますよね。


千葉県在住の男性
〝えいじさん〟の話を聞いてください。


講演会で人生が変わった
えいじさんの実話です。




はじめまして、感謝してます。
〝えいじ〟です。


はなゑ社長の講演会、自分は
何回も聞きに行っているんですが


聞けば聞くほど
根拠のない自信、というんですかね


根拠はないのに
「自分はそのままで大丈夫」と
確信している自分がいるんですよね。


いちばん最近、聞いたのは先日8月11日の
千葉講演会なんですけれど

その後、日常の生活へと戻ったときに
ふと思ったんです。「いつのまにか刷り込まれていた
幸せを邪魔する観念を 手放せたんだ、自分は」って。

そして、


自然とわきあがってきた、この思い。


自分、はじめて思ったんですよ。
「自分は豊かになっていいんだ」って。


ウチの親って、
自分たちが爪に火をともすような
暮らしをしてでも


人のために尽くしてたから。


寝る時間を削って身を粉にして働いて
寄付したり、奉仕したり、


そこまでしてがんばって
大変な思いをしても豊かになれない。


だから、この世の中というのはそういうもんだとずっと思っていたんですよね、自分は。


自分が目にした世界が
すべてだったんです。


それが。


はじめて
はなゑ社長の講演会を聞いて
わかったんです。


自分は知らず知らずのうちに


自分が受け取れる幸せを
自分自身がブロックしてしまっている、って。


そのことに気づいてから
人生が180度、変わってしまいました。


何度も講演会を聞きに行きました。


講演を聞く前の自分は
まさか!
自分で自分をいじめてるとは、
思いもよらなくて。


だから、たとえばお盆休みっていうと、
例年、3日間ぐらいは、あるじゃないですか。


今年のお盆は、「ふつうに人並みに休もう」と思ったんです。


20年ぐらい、ずっと同じ業界で、
仕事をしているんですけれど。、ふつうに休んだのが、実は、はじめてなんです。


以前はそうではなかったんですよ。


お客様優先だし
仕事が入ったらカレンダーなんかより
納期厳守が当たり前だし、


若手が仕事抱えてたら、
手伝ってやらなきゃ、って。


ともかく自分が
がんばらなきゃどうしようもないって。


自分がそう思い込んでいただけ
なんですけどね。


でも、ちょっと前の自分には
事実が見えなかった。


「自分ひとりががんばらなきゃどうしようもない理由」
なんて、どこにもない、という事実が。


今、あのときをふりかえると、
自分だってもうギリギリ限界だった。


毎日まいにち朝から晩まで働いて
ご飯を食べる時間も削って働いて。


だけど、自分の周りから段々だんだん
頼りにできる優秀な人たちが
いなくなってしまう。


会社の方針に不信感を抱く自分と、
そんな自分にダメ出しする
もう一人の自分。


そんな葛藤の日々のなか、
聞いた、はなゑ社長の講演会。



衝撃的でした。
「ガマンは自分自身も周りも幸せにしない」って、はなゑ社長が話してくれて。


自分を大切にしようって
本気で思いました。


だから。「会社、辞めよう」って。


決めたんです。


そしたら……。


不思議なんです。
※つづ

思いがけない臨時収入50万円‼

みなさま、感謝いたしております。
管理人で、ライターのにちかと申す者でございます。

〝キラキラヒロミちゃん〟こと、鈴木宏美さん(栃木県在住・主婦)とは
三、四年ぐらい前に知り合い、以来、彼女は定期的にLINEで「一人さんに教わったことを実践したら、こんなこと起きました」と教えてくださって、LINEがものすごく楽しいのですね。
とくに去年の秋ぐらいから、彼女からくるLINEが、スゴイのです。ちょうど、それぐらいから、ヒロミちゃんは、はなゑ先生の講演会を聴いたり、行きつけのお店で店長の〝なっちゃん〟から美開運メイクレッスンやカウンセリングを受けて癒されたり、
あるいはまた、癒しのセラピスト養成講座を受講したりと、
生活のなかに〝癒し〟というものが入り込んできた時期でした 。

そのLINEを、ご本人の承諾を得て、一部抜粋してご紹介させていただきますね。


▼去年9月29日、ヒロミちゃんからのLINE

臨時収入が昨日入りました。
金額は50万円です。
ビックリしました。
はなゑ社長が話していたこと、
「自分の味方になって、たくさんほめてあげるといいんだよ」を
続けていたからだと思いますし、自分に正直になれたからだと思います。

▼去年11月24日、ヒロミちゃんからのLINE

もう、毎日がハッピーで、ひらめきがすごく来るんですね。ワクワクするし、仕事も楽しい。
お金にも不思議と困らず、今はお給料日前なので、ちょっとお金が足りないかな~って思っていたら、なんと‼ 料理をいただいたり、誘われたりと、お金を使わなくても大丈夫になったりと、助けていただいています。

▼去年12月15日、ヒロミちゃんからのLINE

仕事場の話です。
実は私の勤めているところは、食堂で赤字続きだったそうです。しかし、私はそんなことは知りませんでした。癒しの効果もある美開運メイクで私は自分で自分を大切にするようになった頃からお客さんが増え始め、そしていつの間にか赤字が黒字になっていました。

▼今年4月13日、ヒロミちゃんからのLINE 
*今年4月、ヒロミちゃんは癒しのセラピストになりました。

一人で病院に行けずに困っている知り合いを見て見ないフリをすることができず、病院に連れて行ってあげたら、なんと、お礼として2万円もいただきました。もう、ビックリです。

▼今年4月24日、ヒロミちゃんからのLINE

にちかさん、あのね
1000円札の野口英世さんが、笑ったんです。
「ニヤっ(^^)」って笑ったんですよ。
ビックリしました。
そしたら、その後に、お金を大切にすること、ものを大切にすることを学べたんです。

▼今年4月25日、ヒロミちゃんからのLINE

昨日は、お給料明細をいただきました。
中を見てビックリ‼
なぜなら、2万円増えていたから‼
計算間違えで、増えたのかな?と思いましたが、間違えではありませんでした。
「働いた日にちが多かったからだよ」って教えてもらいましたが、本当にビックリです。

▼今年4月29日、ヒロミちゃんからのLINEスゴイです、今、虹を見ました。そしたら…。
おばあちゃんから、な、なんと‼3万円、もらいました。
もう、ビックリでーす。